HOME >  こども達の目を守る活動

UV Care.More Wellness

UV Care.More Wellness

紫外線への対策
子どもの目の保護は遅れている

サングラス業界に従事するなかで、思うことがありました。
強い日差しは眩しいだけでなく、その紫外線は、白内障や翼状片の原因となって手術が必要なこともあるほど悪影響を及ぼします。 野外活動の多い人ほど、子どものころから気をつけなければいけないことです。
しかし多くの保護者が「サングラス=不良」のように思っているのが現状です。
大人は自分で理解して、サングラスを着けることを選べますが子どもたちにはその偏見のハードルがありました。
昨今、企業力のある化粧品関連の広告効果もあり、肌への紫外線対策は、子ども達にも充分とられるようになりました。
でも、目の紫外線対策はまったく遅れたままです。
すこしずつでも、理解して、対策を日常化していただきたい。
それだけで防げる目の病気があるのです。
そのためにまず、小さな一歩から始めることにしました。

株式会社デューク
代表取締役社長松田弘光
紫外線環境保護マニュアル

環境省も推奨する目の紫外線対策

環境省による「紫外線環境保健マニュアル2015」では、正しい紫外線の理解や、健康影響への対策を促しています。
これによると、紫外線の影響が強い場合には、 長期的な健康への悪影響予防として、サングラスをかけることが推奨されているのです。

※眼科疾患の中でも最も多い「白内障」戸外活動の長い人に多発する「翼状片」どちらも外科的な手術が必要で「翼状片」は再発の可能性があります。

紫外線の知識を分かりやすく

紫外線という言葉はよく耳にするけれど…、実はよくわかっているわけじゃない。みなさんこれが本当だと思います。
どんなことが良くて、害になるのは何なのか。どんな対策をしていったらいいのか。
知っておきたい紫外線の知識を、子ども達にも分かりやすく小さなノート にまとめました。
先生や、親御さんと読んでいただく中で、正しい知識と目を守る大切さを日常に取り入れてほしいと思っています。

紫外線環境保護マニュアル

※環境省の「紫外線環境保健マニュアル2015(2015年3月改訂版)」を参考に作成し、環境省に了承いただきました。

子ども達に着けやすいサングラスを

子ども用のサングラスといえば、おもちゃのような「サイズが小さいだけ」というものが多数でした。
弊社もスポーツに対応した子どもサングラスを出してはいましたが、この問題に充分とは言えませんでした。
安全で、しっかりとした品質、実際に子どもが使うことを真剣に考えてみました。

紫外線環境保護マニュアル 紫外線環境保護マニュアル 紫外線環境保護マニュアル

サングラス

EDWIN LBARANCE LBARANCE-CUSTOM Yukiko Kimijima tektek more

ゴーグル

spoon

エイジンググラス

neo classics AGING Opti and more
メールでのお問合せ カタログダウンロード